脱毛するメリットとデメリットを8個ずつ考えてみた

紹介

脱毛系のサービスはこの数年でかなり増えた。
電車内は脱毛の広告で溢れている。

脱毛が身近なものになる中でますます脱毛への世間の意識が高まり、以前は脇の毛を生やしていた日本の男子体操選手もいつの間にかツルツルになっている。

この記事では、脱毛するメリット・デメリットについて説明する。
そのような記事は既に腐るほどあるが、他ではあまり触れられていない内容にも言及する。

ただし、脱毛には医療と美容(サロン)があるし、各々の毛質や生活習慣によっても何がメリット/デメリットになるのかは変わってくることには留意されたい。

脱毛のメリット

清潔感が得られる

青髭や剃り残しなど、自己処理では対応しにくい場合もある。
しっかり剃っても午後から生えてくる人もいる。
その点、脱毛してしまえば、手入れせずとも清潔感を保つことができる。

また、シェービングによる刺激を抑えることができる上に、皮脂の分泌が減ることにもなるので、肌質が改善して清潔感が増す。

処理の手間がかからない

1日3分だとして1年で18時間くらい。
全身を自分で剃る人は多分かなり手間がかかっている。ケガもある。

部屋に毛が散らかりにくい

髪の毛は仕方ないとして、抜け落ちた体毛は何気に床などに散らばってしまうものだ。
全身脱毛すれば、掃除の頻度を減らすことができるだろう。

シェーバーへの課金を抑えられる

シェーバーは何気にカネがかかる。
電気カミソリでも何年か使えば買い換えることになる。

化粧ノリがよくなる

産毛を処理すれば毛穴が引き締まりやすくなることもあって上手く馴染みやすくなるらしい。

将来介護されるときに介護者に負担を与えにくくなる

そんな理由で脱毛する中高年も一定数いるらしい。
まあ年をとれば毛髪然り、毛は自ずと薄くなるからそこまで気にしなくてもいいかもとも思ったり。

突発的な外泊への心理的ハードルが下がる

突然友達の家に泊まることになった、急遽朝まで飲み明かすことになったなどといった場合、翌日の予定のための髭剃りを気にしなくて済むのは何気に大きい。

化粧水などの使用量が減る

これは顔を洗ってからヒゲを剃るタイプの人や、朝目覚めるためにまずシャワーを浴びるタイプの人が享受できるメリット。

顔を洗ったとき、一旦保湿のために化粧水やクリームなどを塗ることになるわけだが、その後ヒゲを剃るときにやはり肌に刺激を与えることになるし、塗ったものがが押しのけられてしまう。だから剃り終わったあとにまた塗ることになる。

脱毛してしまえばそんな二重塗りをしなくて済むようになるので、化粧水やクリームの一回あたりの使用量が減る。手間もかからなくなる。

顔を洗う前にヒゲを剃るタイプの人、シャワーを浴びながらヒゲを剃るタイプの人にとっては新たなメリットにはならない。

脱毛のデメリット

カネと時間がかかる

何回も通わなければならない。ヒゲだけなら1回あたり30分くらいで済むが、全身なら1回あたり2-3時間くらいかかる。費用は10-50万くらいはザラ。そのうちもう少し安くなっていくとは思う。

ちなみに予約が取りにくい場合もある。予約の取りやすさは契約前に口コミも見て確認すべきである。広告をバンバン打っているようなメジャーどころは外すのが良いと思う。

通うのが面倒

まあ何事もそうだが。家で自分でやるタイプのものもあるものの、効果が薄いことは言うまでもない。

恥ずかしい

「VIO脱毛」と呼ばれる股間あたりの脱毛をする場合は、裸になってM字開脚などすることになったりする。なお基本的にどこの医院でもサロンでも、男性のは男性が、女性のは女性が施術することになっている。

ちなみにセルフ脱毛サロンなら一人で個室で誰にも見られずに脱毛できる。しかし上手く部位に機械を当てるのは難しいので、VIOを脱毛するならセルフはやめておいた方がいい。

めちゃくちゃ痛い場合がある

レーザー脱毛や光脱毛では、機械が黒い部分に反応するので、毛が濃い部分(ヒゲやVIOなど)は特に、強い痛みを伴う。回数を重ねるにつれて毛は薄くなるので、最初の数回が特に痛い。

医療脱毛であれば麻酔クリームや笑気麻酔が用意されていたりするが、痛みが完全になくなるわけではない。痛みに耐えられない人は、それらを使うか、低出力で脱毛するしかない。もちろん出力が低ければ効果は落ちる。

ヒゲが多い地域で馴染めない

インドや中東のような、男性の多くがヒゲを蓄えている地域に行くと、人種が違うことに加えてヒゲの生えていない顔面は浮きやすい。ビジネスの場などでは舐められる可能性もある。

毛深いのが好きな人にモテない

日本ではヒゲ好きな女性は少数派と思われるが、ヒゲが多い地域ではやはりヒゲ人気が高い。そういう地域ではヒゲがないことを理由に恋愛に発展しないというパターンも少なくないだろう。

またヒゲに限らず、体毛がちゃんとある方が好きという女性が存在するのも確かである。

将来事件を起こして逃亡するときにカモフラージュしにくい

ヒゲを生やすと人相が変わる。ヒゲは、何かしら事件を起こしたときに、自然とカモフラージュしてくれる心強い味方だが、その味方を失うことになる。

コロナの流行のお陰?でマスクの着用が普通のことになったわけだが、今後もそのトレンドは続くだろう。だから、いつもマスクをしていたところであまり不審には思われないかもしれない。
しかし、食事の際や本人確認の際にはマスクを外すことになるので、ヒゲほどの安定感は得られない。

将来ヒゲを生やしたくなったときに困る

何気にこれが一番のデメリットだと思ったりする。破壊された組織を復活させるのは難しい。

しかし、これに関しては何とかなると私は考えている。

今、脱毛に熱心なのは20-30代が中心だ。若い頃は清潔感や楽ちんさを重視して脱毛してみたものの、年を重ねる中でヒゲの持つ渋い魅力を再認識し、ヒゲを生やしたくなるーーーそんな人たちは今後増えていくだろう。

一定数いれば、そこに市場が生まれる。アートネイチャーのヒゲver.だったり、アートメイクのヒゲver.だったり。そういうサービスが誕生していき、そこそこの価格で享受できるようになっていくだろう。だからそこまで心配しなくてもいいと思う。

とはいえ、ヒゲはナチュラルさがその魅力の1つだ。勝手に生えてきてしまう、そのさりげなさは捨てがたい。人工的に、意図的に生やしたヒゲにはあざとさが付いて回る。やはりナチュラルなヒゲには勝てないだろう。まあ、パッと見て本物か偽物か分からなければいいんじゃねとも思ったりするけど。

脱毛するならどの部位?

脱毛部位はある程度選べる。
私の場合、ヒゲはめちゃくちゃ迷ったが、V以外は全部やりたい。

パイパンは子供みたいでちょっと恥ずかしい気もする。
下半身にもアクセントがあった方がいい。その方が絵的に締まりがある。

医療脱毛?美容脱毛?

基本的に医療脱毛一択だ。
医療脱毛は値段が高いがその分やはり効果も高い。
美容脱毛(サロン脱毛)は、短期的には毛が生えなくなるが、復活しやすい。

ただ、医療脱毛は特に永久脱毛などと言われるもの、厳密には永久ではない。
ちなみにアメリカの電気脱毛協会(American Electrology Association)による永久脱毛の定義は、「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」のことである。

医療脱毛も、時間が経てば毛が多少は復活することもあるようだが、安い料金でメンテナンスができるクリニックもあるので心配ならそういうところで施術を受けるのも一つだろう。

もともとあまり毛が濃くない人や、痛みに弱い人、自分ひとりで問題なく照射できる部位のみの脱毛を希望する人なら、美容脱毛でもいいのかもしれない。

オススメしないのはセルフ脱毛だ。自分で機械を使ってやるタイプの脱毛であり、人件費がかかっていない分かなり安いのだが、美容脱毛しかない上に綺麗な施術が難しい。
VIOや背中やモモ裏など、自分一人では対応しにくい部位の脱毛をしたい場合は特に、選択肢から真っ先に除外した方がいいだろう。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました