“好奇心”というまやかし

価値観

私たちの日頃の行動やエネルギーの源泉は何だろうか。

「幸せになりたいから」「良い評価を得たいから」「安定した日々を送りたいから」

色々あるだろう。

そういった理由の中によく現れるのが「好奇心」という言葉だ。

「なぜその研究をしたいのか」ー「好奇心」
「なぜ旅に出たいのか」ー「好奇心」
「なぜ色んな経験をしたいのか」ー「好奇心」

「好奇心」ー聞こえのいい、もっともらしい言葉だ。

そして、それ以上の追及を難しくする言葉だ。
なぜなら、好奇心とは最も根源的な欲求の一つだからだ。

もちろん、純粋な好奇心は当然のごとく存在する。
だが、その「好奇心」のベールに隠されたものはないか?

例えば、見栄であったり、自尊心であったり、承認欲求であったりといった、より聞こえの悪い欲求が潜んでいるかもしれない。

でも、別にそれらの欲求を否定することはない。

そういうものとして受け容れて、それらを満たすためにまた歩んでいけばいい。

2019.02.10

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました